• 運用がしっかりできていないからツールで改善できないかな
  • 残業しがちになってきたからツールで時短したい
  • 手間がかかる大変なリスティング広告の作業をツールで効率化したい

あなたは今、こんなことを考えながらリスティング広告で使えるツールを探しているのではないでしょうか?使えるツールは色々ありますが、たくさんあるのでどれを選べばいいのかわかりにくいですよね。

リスティング広告のツールは、主に入稿、データ集計やキーワード抽出などの作業を効率化するシステムのことです。

使うことで時短に繋がるため、本来行うべき業務に集中できるメリットがあります。そのため利用コストとかけている工数を天秤にかけて、予算的に問題なければどんどん取り入れることをおすすめします。

ただし特に有料ツールを導入する場合は、トライアル期間で機能はもちろん、サポート体制が充実しているかなど、導入して目的が達成できるかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

この記事ではリスティング広告運用歴8年の私が実際に使って便利だと思ったツールのみを機能別で紹介します。使用したことのないものは一切紹介していませんので、信頼していただけると情報かと思います。また情報に誤りがないよう、可能な範囲で提供会社さんに連絡して確認をした上で投稿しています。

ではツールの選び方から説明していきます。

1. リスティング広告のツールの選び方手順

ツールを選ぶ際は下記の順番で候補を絞っていきましょう。

1-1. 解決したいことを明確にする

まずツールを入れて解決したいこと。つまり目的を明確にします。リスティング広告のツールは様々ありますが、機能や使う用途がそれぞれ異なります。そのため何を解決したいのかを決めておきましょう。

例えば、毎月クライアントに提出するレポートの作成時間を削りたいのであれば、レポートを自動作成してくれるツールを探すことになります。

1-2. 無料で使えるツールがないか探す

解決したいことが明確になり、導入するツールの機能が決まったら無料で使えるものがないか探しましょう。費用がかからないほうが当然いいですよね。

有料であれば多機能でサポートも充実しているツールが多いですが、中には無料でも十分使える場合もあります。

1-3. なければ有料で検討する

無料ツールで目的達成できるものがなければ、有料ツールを検討しましょう。レポート作成ツールなど、提供するのに負担のかかるものはそもそも無料で提供されていないので、初めから有料で探すことをおすすめします。

もしいくつか候補が上がった場合は、以下の内容を参考に絞り込んでみてください。

①目的やレベルに合った使いこなせるツールを選ぶ

必ず自分が使いこなせそうなツールを選びましょう。高機能なツールを選んでも機能を使いこなせなければ、費用が余分にかかったり、そもそも目的が解決できなかったりと問題が発生します。

例えばレポート作成ツールであれば、EXCELの関数を使ってオリジナルレポートが作れる上級者向けのもの。細かくカスタマイズはできないが、クリックだけでレポートが作れる初心者向けのものがあります。

もしEXCEL関数が使えないのであれば、初心者向けのツールを選ぶべきです。

③お試し期間内に問題なく使えるか試す

ツールが決まったらトライアル期間内に問題が解決できるか、使いこなせそうかを検証しましょう。トライアル期間が設けられていないものは、運営元に尋ねてみると用意してくれることが多いので、必ず相談することをおすすめします。

③使いこなせるか不安な場合はサポートが充実しているか確認する

お試し期間で操作してみて使いこなせるか不安だと感じた場合は、サポート体制が充実しているツールを選びましょう。以下のように会話をしながら相談できるサポートがついていると、困った内容が相談しやすいので安心です。

  • 電話問い合わせ
  • オンボーディング(使いこなせるように導入の初めに教えてくれるサービス)
  • 画面を共有しながらできるオンラインミーティング

高機能でも使いこなせなければ意味はありませんので、サポート体制の充実度は重要です。

2. 機能別リスティング広告で使えるおすすめツール一覧

ここからはリスティング広告のおすすめツールを機能別で紹介していきます。結論上図が私が使えると感じたツール群になります。

1つずつ特徴を説明していきますので、気になるものから順にご覧ください。

3. 自動運用系のツール

予算管理や入札調整などの軽微な運用調整を自動で行ってくれるツールを紹介します。

3-1. Shirofune(有料)

広告運用の自動化+配信結果のレポーティングを行ってくれる、リスティング広告の運用をこれからはじめる初心者の方に一番おすすめのツールです。自社で運用をするけど未経験で不安。という方にはとても最適です。ディスプレイ広告、Facebook広告やTwitter広告などのSNS広告にも対応しています。

また予算管理+レポーティングまで自動で行ってくれるので、弊社のようなリスティング広告を扱う代理店にもおすすめです。特に大量の案件を抱えているのであれば日々の工数の大きな削減に繋がるはずです。

導入すればアカウント構成を誤っていなければ素人が運用するよりも上手く運用してくれます。私が確認する限りではコンバージョンの取れたキーワードにクリックを寄せる、予算内でクリック数を最大化するといった運用の基本に沿った挙動をしていました。

デメリットとしては予算が多いと費用がそこそこかかります。最低でも配信した予算の5%が利用料が発生します。予算が大きい場合は慎重に検討してください。ただ月額広告費500万以上の利用料が発生する場合は問い合わせすれば、お得な別メニューが受けられるのでご検討ください。また、配信データを元に運用するので、ニーズを捉えた定性的な運用や広告文改善は完全自動ではできません。

運用だけツールで自動化してほしい場合はセルフプラン。運用未経験などのサポートを担当者にしてほしい方はサポートプランを選びましょう。

私は使用したことはありませんが、アカウント構成も自動で作ってくれる機能もありますのでぜひ使ってみてください。

URLhttps://shirofune.com/
かかる費用月額広告費の最大5%
最低契約期間なし
無料トライアル期間2ヶ月

4. キーワード系のツール

続いて配信するキーワードの調査に役立つツールを紹介します。

4-1. キーワードプランナー(無料)

キーワードの検索ボリュームや推定クリック単価を調査できるツールです。私の中ではリスティング広告を配信する上で欠かせないツールの1つです。使わずに運用することはありませんので、運用者全員使うことを推奨しています。

検索ボリュームの少ないキーワードを追加しても、クリックが集まらず思うようにコンバージョンが取れません。そのためボリュームを知ることはとても大切です。

クリック単価については、主にお客様が用意されている予算と照らし合わせて目標のコンバージョン数が達成できるかどうかの試算で活用しています。自社で活用する場合も同様の使い方で問題ないはずです。

注意点としては、Google広告の配信実績がないと検索ボリュームが1,000〜10,000といったように曖昧表示になってしまいます。月に300円ほど配信されていれば詳細が確認できますが、もし配信前に具体的なボリュームを知りたい場合は下記のラッコキーワードをご活用ください。

URLhttps://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/
かかる費用無料(詳細検索ボリュームを確認する場合は月300円ほど配信が必要)
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

4-2. ラッコキーワード(無料)

ラッコキーワード

指定したキーワードの複合ワードを一覧化してくれるツールです。キーワードプランナーと並ぶ私の相棒で、必ず使っています。

上記で紹介したキーワードプランナーと合わせて使うことで、検索ボリュームのあるクリック獲得に繋がりやすいワードを抽出できます。

使い方は下記記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。
100社以上運用してきた私が教えるリスティング広告のキーワードの選び方

また、有料にはなりますがキーワードプランナーと同じように検索ボリュームを調査できる機能が搭載されています。月440円から使えて大きく手間を削減してくれますので、ボリュームも一度に調べたい方はぜひ利用してみてください。

URLhttps://related-keywords.com/?r=NU58607892
かかる費用無料(有料機能は月額440円から)
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

4-3. Googleトレンド(無料)

キーワードの検索ボリュームの推移をグラフで確認できるツールです。お客様の商材の繁忙期や閑散期を把握するために主に活用しています。

商材に関連するワードを入力することで、どの月によく検索されているのかがわかるので、繁忙期や閑散期が一目瞭然です。

キーワードプランナーと似たツールですが、こちらは検索ボリュームは確認できません。どの月が多いのか少ないのか。といった傾向を掴むために使いましょう。

調査する期間は2004年から1日単位で指定でき、調べるエリアも自由に設定可能です。

URLhttps://trends.google.co.jp/trends/?geo=JP
かかる費用無料
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

4-4. Ahrefs(有料)

様々な機能を持つSEO分析ツールです。主にSEOで使うツールですがリスティング広告でも活用できます。

機能の中でも、競合サイトがどんなキーワードで流入しているか確認する「サイトエクスプローラー」が非常に便利です。使い方も簡単で、検索窓に競合のドメインやURLを入力するだけです。

必ず必要というわけではありませんが、紹介したラッコキーワードで網羅しきれない競合性の低いワードを探す際に重宝します。そのため、CPAが合っているので拡大していきたいけど、追加するキーワードが見つからない。という場合に導入を検討するとよいでしょう。

デメリットとしては海外産のツールなのでUIが英語で有料です。操作は難しくないですが英語が苦手な方は注意をしてください。

もしSEOにも取り組んでいるのであれば、被リンク分析など役に立つこと間違いなしの機能が満載ですので、ぜひ導入してみてください。基本99ドルのライトプランで問題ないはずです。

注意点として検索結果に表示されているものであってもデータを取得できない場合がありますが、概ね実データと乖離はありません。

URLhttps://ahrefs.jp/
かかる費用月99ドル〜
最低契約期間なし(対応クレジットカードによる先払い&いつ解約してもOK)
無料トライアル期間なし

4-5. Keywordmap(有料)

競合調査・キーワード選定・記事制作・効果計測など、主にSEO業務を支援する機能を備えたツールです。ただリスティング広告の運用や分析でも活かせる機能があり、実際に使用して非常に便利に感じましたのでご紹介します。

競合他社がリスティング広告で配信しているキーワードや広告文を調べられます。配信期間まで調査可能ですので、長い間リスティング広告を出しているキーワードを特定すれば、「成果が出ている」キーワードを洗い出すことが可能です。

また、検索広告の広告文や、ディスプレイ広告のバナーといった広告クリエイティブの調査もできます。競合調査をする上で非常に役立つ機能が満載でしたので、特にSEOとリスティング広告の配信をされている場合は役立つこと間違いなしです。

日本製のツールですので、全て日本語ですし、操作しやすいと感じました。そのためAhrefsのような海外産のツールに抵抗のある方にもおすすめです。

URLhttps://keywordmap.jp/lp/1-10/
かかる費用ご要望に応じ最適な料金をご提案
最低契約期間1年
無料トライアル期間あり

5. レポーティング系のツール

レポートを自動で作ってくれるおすすめツールは以下のとおりです。

5-1. Lisket(有料)

リスティング広告のレポート作成を安く簡単に自動で行えるツールです。SNS広告にも対応しています。

「複雑なレポートでなくていいから、手間をかけず安く作りたい!」ということであればこれが一番使いやすくておすすめです。レポートを作れるツールは色々ありますが、私が知る限りこれが最安で、操作が簡単です。

レポートを安く早く簡単に作りたいのであれば間違いなく活躍してくれます。シンプルで使いやすいので、レポートツールをお探しの方はぜひご検討ください。私も長年使ってましたが、システムメンテナンスもこまめにしてくれてバグも少なくとても使い勝手が良かったです。

迷ったらとりあえずこれを選んで、使用してもっと多機能なレポートツールが欲しいと感じたら別のものを検討するとよいでしょう。

URLhttps://lisket.jp/
かかる費用最低月額2万円(100アカウントまで)
最低契約期間なし
無料トライアル期間14日間

5-2. アドレポ(有料)

自分好みの細かいレポートが作れるツールです。リスティング広告はもちろん、SNS広告にも対応しています。

リスケットと異なる点としては、スプレッドシートやLooker Studio(データポータル)にレポート出力できたり、自社や顧客の求める仕様のレポートが作れるなど自由度が高いところです。そのため、自分好みのレポートを作りたいのであればアドレポがおすすめです。

特にスプレッドシートへ同期できるのが素晴らしいです。これを使えばいちいちレポートの送付もダウンロードも不要です。ブラウザでリアルタイムの配信数値を確認できるようになります。

ただし、細かくカスタマイズするにはEXCELの関数を理解している必要があります。私は比較的得意なので特に不自由はありませんでしたが、わからないと使いこなすのは難しいと思いました。はじめから用意されているレポートフォーマットを使用すれば関数を使う必要はありませんが、これだと良さが失われてしまうのでもったいない印象です。

EXCEL関数をある程度使えて(vlookup,if,sumifあたり)自由度の高いレポートが作れるツールをお探しであれば非常におすすめです。リテラシーが高めの方にはハマるはず。

URLhttps://ad-repo.com/
かかる費用最低月額3万円
最低契約期間3ヶ月
無料トライアル期間2週間〜

5-3. Shirofune(有料)

自動運用系のおすすめツールで紹介したShirofuneですが、自動レポート生成の機能もありますのでレポートツールとしても紹介します。追加で費用はかかりません。

完全オリジナルのレポートは作れないため自由度は薄いですが、出力できる項目は多い印象です。定形でいいからレポーティングを自動化したい!という場合は全く問題はずでしょう。

運用もレポートも自動化したいと考えている方はShirofuneがおすすめです。

URLhttps://shirofune.com/
かかる費用月額広告費の最大5%
最低契約期間なし
無料トライアル期間2ヶ月

5-4. ATOM(有料)

業界シェアNo1。累計600社以上。接続広告費は1000億円を誇るレポートツールです。

リスティング広告だけでなくTwitter広告、Facebook広告、LINE広告など幅広いWeb広告に対応しています。LINE広告に対応していたレポーティングツールがなく、手動で作成しており困っていた時に活用させていただきました。

レポートのテンプレートは2023年5月時点で157種類存在しますので、クライアントや自社に合わせたレポートの作成が可能です。豊富なテンプレートから好みのフォーマットを選べるのが強みなので、要望に合わせたレポートの作成がしやすいのが特徴です。

また、BIツールとの連携も可能なので、いちいちダウンロードすることなくレポートを確認することもできます。サポート体制もトレーニングがあり万全ですので、ぜひ候補の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

URLhttps://www.atom.tools/top/
かかる費用月額5万円~
最低契約期間記載なし
無料トライアル期間2週間

6. 入稿系のツール

入稿を楽に早く行えるようになるおすすめのツールは以下のとおりです。

6-1. Google広告、Yahoo!広告キャンペーンエディター(無料)

Google、Yahoo!の各媒体から出されている入稿を円滑に行うためのアプリです。大量に入稿するなら必須のツールです。一度に複数のキャンペーンに広告やキーワード入稿したり、停止したり…といった対応が簡単に行えます。

簡易な入稿であれば管理画面からでもそれほど時間がかかりませんが、ある程度量があるとエディターでないと大変です。特に複数のアカウントを運用する広告代理店の運用者は絶対に使い方をマスターしておきましょう。

インハウスで運用されている方も使えるに越したことはないですが、たくさんのアカウントを運用することは少ないと思うので、管理画面からの対応でそれほど問題はないかと思います。

操作は慣れていないと時間はかかりますが、難しくはないです。最初は「管理画面から入稿したほうが早いじゃん!」と感じる方もいるかと思いますが、絶対にエディターの方が早いですので、入稿を頻繁にする方は使い方をマスターしておきましょう。

Yahoo!広告は検索とディスプレイでアプリが分かれているので少々使いづらいのが欠点です。Googleのようにまとまるといいのですが…。

また注意点として、Yahoo!広告のエディターはMac OSでは使えません。もしMacでも使いたい場合は、Mac上でWindowsを使えるようにする仮想デスクトップソフトを使いましょう。私もこの方法で使っています。おすすめはParallels Desktopですが、有料になりますのでご注意ください。

URL(Google広告)https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/ads-editor/
URL(Yahoo!検索広告)https://ads-promo.yahoo.co.jp/dr/yce/
URL(Yahoo!ディスプレイ広告)https://ads-promo.yahoo.co.jp/dr/ydn_campaigneditor/
かかる費用なし
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

6-2. AG-Boost(無料)

AG-Boost

広告代理店を支援しているSO Technologies様が提供している広告会社向けネット広告仕入・提案・運用支援サービスです。機能は営業と運用者向けの2つがあります。

■営業向け
・シミュレーション
・提案書作成
・広告掲載イメージ
・広告案作成(β)
・バナー作成
・ファイル管理

■運用者向け
・キーワード掛け合わせ
・検索広告CSV変換
・入稿画像チェック&リサイズ

私は運用者ということもあり、特に次の2つの機能が入稿効率向上にとても使えると感じています。入稿を早く行いたいのであればぜひ利用してみてください。

  • キーワード掛け合わせ
  • 検索広告CSV変換(Google→Yahoo!)

キーワード掛け合わせはメインキーワードとサブキーワードをかけ合わせを作ってくれるものです。こういったツールを使わないとちまちま掛け合わせないといけないので、時短に繋がります。同じようなツールはありますが、エディターにコピペするだけの状態で表示してくれる機能は私の知る限りこれ以外にないので、一番重宝しています。

検索広告CSV変換(Google→Yahoo!)はGoogle広告に入稿した内容をそのままYahoo!広告にインポートできるものです。Yahoo!はGoogleと比較して入稿がしづらいという意見が多く、同じ内容を入れる手間を大きく省けるためとても便利です。Googleと同じ内容でYahoo!に入稿するのであれば使うことをおすすめします。

URLhttps://ag-boost.jp/tool/list/
かかる費用無料
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

7. アクセス解析系のツール

アクセス解析を行うために使えるおすすめのツールは以下のとおりです。必須ではありませんが、サイト・LP改善やSEO等まで踏み込んだ運用をするのであればぜひ活用してみてください。

7-1. Googleアナリティクス(無料)

言わずと知れたGoogleが提供するWebサイトのアクセス状況を分析できる無料ツールです。どんなユーザーがどのページを見たのか、リスティング広告経由でどれほど成果が上がったのか、ページはどれくらい見られているのかなどを分析できます。

Google広告と連携しておくことで、管理画面ではできない年齢や性別などの属性を元にオーディエンス作成ができるようになったり、詳細なデータをGA上で確認できるようになります。しっかり運用するのであれば連携しておくことをおすすめします。

また、パラメータを付与しておくことでYahoo!広告やSNS広告などもアクセス分析が可能になります。使い方が少々難しいですが、広告の費用対効果を上げるためにも合わせて活用していきましょう。

URLhttps://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/
かかる費用無料(GA360という有料版もありますが基本必要なし)
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

7-2. Microsoft Clarity(無料)

無料で使えるヒートマップツールです。ユーザーがWebサイト上でどんな行動をしているのかがわかります。

ヒートマップツールなので、よくクリックされている箇所やスクロールした範囲は勿論わかりますが、個々のユーザーの画面内の動きを動画で確認できるレコーディング機能が素晴らしいです。

この機能を使うことで実際のユーザー行動を観察できるため、サイトの導線改善に非常に役立ちます。例えば、誘導させたい箇所があまりクリックされていないようであれば、該当箇所の訴求内容やデザインを変更する。といった形です。

リスティング広告運用とLPはセットであり、LP改善する上で必須ツールと私は考えているので、ぜひ活用してみてください。無料とは思えないクオリティです。

URLhttps://clarity.microsoft.com/
かかる費用無料
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

7-3. Googleオプティマイズ(無料)

無料のA/Bテストツールです。異なるURLのページを出し分けしたり、LP内のボタンの色や画像、キャッチコピーをカスタマイズして簡単にテストが行えます。

コーディングができなくても使えるので、HTMLなどの知識がない方でも安心ですし、テスト用に複数のページを用意する必要もないので非常に楽です。

デメリットとしては、ページの読み込み速度が低下する恐れがあるので、ユーザーに離脱されてしまうリスクが高まります。ただ私は実装して読み込み時間が著しく伸びたことはないため、あまり気にしていません。

CVRを改善するためにはリスティング広告の設定だけでなく、LPもすべきですので、ぜひテストを繰り返して最高のLPを作っていきましょう。

URLhttps://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/optimize/
かかる費用無料
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

7-4. アドエビス(有料)

複数の広告媒体のデータを集約してどの媒体の費用対効果が高いかを実CVベースで確認したり、コンバージョンまでの行動経路などが確認できるツールです。複数の媒体を跨いだアクセス解析・分析ができます。

経験したことがある方ならわかるかと思いますが、複数の広告のデータをダウンロードして集計して、実際の反響を確認して…といった作業は非常に手間がかかります。導入すればこの作業がなくなり、見やすい画面にまとめてくれます。

リスティング広告だけで集客しているのであれば正直不要ですが、SNS広告や記事広告、メルマガなど複数のWeb広告を配信しているのあれば費用対効果の確認と改善がしやすくなるので導入を検討してみてください。リードの質を考慮した分析もできるため、特にザ・モデル型の組織体制を採用している会社にもおすすめです。

注意点として、分析と改善ができるマネージャー的な人材が必要です。ツールがやってくれるのはデータ集約なので入れれば成果が上がるわけではありません。改善の判断は人がする必要があります。そのためある程度リテラシーのある人材をセットで配置しましょう。

URLhttps://www.ebis.ne.jp/
かかる費用基本料金(定額)+従量課金
最低契約期間記載なし
無料トライアル期間記載なし

8. タグ管理系のツール

タグ管理ツールは下記のGoogleタグマネージャー一択です。これ以外はよっぽど使う必要はないでしょう。

8-1. Googleタグマネージャー(無料)

Googleが提供しているタグ管理ツールです。略してGTMと呼びます。

広告運用者は必ず使い方を覚えましょう。これを使えばYahoo!広告、Google広告のタグを1つずつページに直張りする必要がなくなり、タグの修正も簡単になります。

また、ボタンクリックやページ半分までスクロールしたらCVとするなど、タグ直張りだと設定が難しい計測もGoogleタグマネージャーを使えば簡単にできます。

使い方は慣れれば簡単です。少し特殊な設定をする場合はHTMLやCSSの理解が必要になりますが、基本的なものであればコードの知識はゼロでも問題ありませんのでご安心ください。

Yahoo!からも「Yahoo!タグマネージャー」という似たツールが出ていますが、基本的に使う必要はありません。Googleタグマネージャーだけ使いましょう。

Yahoo!タグマネージャーは国内ベンダーのテンプレートタグが豊富でエラー表示が出るなどメリットはありますが、複雑なことができるのはGTMです。拡張性と学習コストを加味するとGTMを極めたほうが運用の幅が広がるはずです。

URLhttps://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/tag-manager/
かかる費用無料
最低契約期間なし
無料トライアル期間なし

まとめ

私のおすすめするツール次のとおりです。

ツールは効率化に繋がればどんどん導入すべきだと考えていますが、ツールは道具であり手段です。使うことが目的にならないように気をつけましょう。